趣味の勉強日記 子育て

2017-04

スポンサーサイト

-----------:--

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東武動物公園

2011-05-15-13:51

Category :子育て

ゴールデンウィークの天気のいい日に、またまた東武動物公園に行ってきました。
東武動物公園は、私が小さいころからよく行っていましたが、今回はこれまでにない混み方!
おそらく震災が何らかの影響を与えているのでしょうが、毎年ゴールデンウィークに行っても、いろいろイベントもやっているのにそれほど混んでいなく、ちょっと大丈夫か?と思っていたので、このままお客さんがたくさん来るといいなと思います。

そういうわけで、今回はあまり混んでない「鳥」を中心に見てきました。普段は素通りするバードドームも珍しい鳥が見られてよかったです。シロフクロウは、何とも言えない表情ですし、首がぐるぐる回って素敵でした。

ふれあい動物の森もリニューアルされて、ますます楽しめるようになりました。アルパカがかわいかったです。今までは抱っこできたウサギやモルモットが基本的に触るだけになってしまいましたが、ちょっとかわいそうだったのでやむを得ないと思います。


ライオン
ライオン

鹿
シカ

ペンギン
フンボルトペンギン

レッサーパンダ
レッサーパンダ

鳥1
オシドリ。なんか後ろの植物と一体になって、クジャクっぽい。

鳥2
コクチョウ。大きかったです。

鳥3
ヘビクイワシ。なんか人間っぽかったです。

鳥4
シロフクロウ

ショウジョウトキ
ショウジョウトキ

アルパカ
アルパカ

日本双生児研究学会

2011-02-13-16:17

Category :子育て

古い記事ばかりですいませんが、日本双生児研究学会第25回学術講演会が1月29日(土)に茗荷谷のお茶の水女子大学で開催されました。

双子の出生率等、医療機関における多胎児家族への支援、多胎育児準備クラス開催の試みなど、とても興味深い発表を聴くことができました。
中でも、「双子の父親の育児への関わり方と育児中に感じる困難」は、発表もわかりやすく、内容的にも非常に興味深い研究でした。パパが公的な子育て支援(親支援)の対象となっていない(ママしか対象にされていない地域子育て支援拠点などもまだまだ多いです。)のは論外として、もっといろいろな面で双子の父親がサポートされたり、悩みを共有できる機会があったりする必要があると思います。

この日の午後は放送大学の試験と、その後は妻が出かけるので子どもとお留守番だったので、本当に残念ながら、午前中が終わると同時にお昼も食べずに足立学習センターに行ってきました。そういえば、茗荷谷にも文京学習センター(建て替え中)がありますね。
学会では、短い時間でしたが、bachinさんなどにもお会いすることができ、また新しい出会いもいただきました。bachinさんによれば、もともとは心理学、医学、行動遺伝学等の双生児研究を目的としていた学会のようなのですが、そこに親たちも受け入れていて、子育て支援系の発表も含めた双子に関する研究ならばなんでもありというちょっと変わった学会だそうです。
来年は、双生児研究で有名な東京大学教育学部附属中等教育学校で行われるそうです。東大附属については、「ビバ!ツインズ」という本で読んだことがあります。来年は、ぜひ午後も参加したいです。

しかし、この日は、前日が終電で、その後勉強していたので眠かった・・・。お留守番の時も昼寝していました。


となりの子育て(アドラー心理学)

2011-02-11-11:56

Category :子育て

今日は祭日ですが、娘がインフルエンザで寝ていて、妻もお花に行っています。
たまたまNHK教育テレビ11:00~の「となりの子育て」(再放送)を見ました。
テーマは「これでサヨナラ!! 三日坊主」

早稲田大学人間科学学術院 向後千春准教授の「向後流 三日坊主を卒業するための虎の巻」が紹介されました。

第一条 目標は親子で立てるべし
第二条 目標は目立つところにはるべし
第三条 努力を「見える化」すべし
第四条 努力を記録すべし
第五条 親は辛抱強く見守るべし
第六条 「毎日」にこだわることなかれ

また、親子で取組むことで、単に子どもが「続ける力」を身に付けられるだけでなく、親子の関係も深まるということ。

これってアドラー心理学じゃないの?と思って、向後先生のお名前を検索したら、やはりアドラー心理学も教えられている先生のようでした。
あとは、第二条は、行動療法の「トークン・エコノミー」も利用しているのではないかと思います。
うちの息子のあだ名は「とうくん」なので、このトークン・エコノミー・システムはぴったりなのではないかと思います(?) 息子は、バイオリンの練習がなかなか続かないので、応用してみたいです。


ちなみに、次回のとなりの子育ては、「“子どもの自信”を考えてみる」
アドラー心理学に基づく子育て法の書籍で有名な星一郎先生です。きっと自己肯定感や勇気づけについてのお話があるのではないかと思います。
明日2月12日(土)午後9時30分~(再放送2月18日(金)午前11:00~)です。

これって、アドラー心理学を中心とした番組なのでしょうか?面白いです。


東武動物公園イルミネーション

2010-12-30-23:08

Category :子育て

またまた東武動物公園に行ってきました。

ライオンが間近に見られます。
ライオン

3歳のホワイトタイガーちゃんです。
ホワイトタイガー1

こちらはリュウくん。前回来てからそれほど経っていないのに、大分よろよろした感じになってしまいました。
リュウくん2
リュウくん1

やっぱりオウサマペンギンはでっかいです。いつもオウサマ同士で連れ立って歩いていました。
いつかコウテイペンギンも見たいです。
ペンギン

ウィンターイルミネーション「4 Seasons」の2回目、セカンドシーズン・夏です。
今年は、昨年の春の桜っぽい感じとは違って、緑を基調にしています。
この日は、奥に写っているカワセミ(ジェットコースター)が夜の途中まで営業していました。
イルミネーション1

道の上に続くイルミネーション。
イルミネーション2

観覧車から撮ったものです。タワーは、G-max(おちるやつ)です。
イルミネーション3

イルミネーション4

クールな感じがいいです。
イルミネーション5

子どもたちも興味津々です。
イルミネーション6

イルミネーション7

日本公衆衛生学会自由集会

2010-10-31-19:33

Category :子育て

日本公衆衛生学会自由集会「第19回多胎児を産み育ている家庭への保健サービスのあり方を考える集会・専門職とピアが連携する新しい多胎育児支援」に参加しました。

我が越谷で最近双子サークルを立ち上げられた方から、妊娠・出産、育児、サークル活動などついてとても参考にるお話を伺うことができました。同じ市で同じ男女の双子を育てている者として、とても共感できるご報告でした。うちの子どもたちがもっと小さいときにも双子サークルがあったのですが、中心となって運営する方のお子さん方が大きくなったことが一番の原因と思われますが、すぐに消滅してしまいました。それがいけないということではないのですが、地域の中には、きっと多胎育児サークルを求めている方も多いと思いますので、行政等の支援も受けたり、運営の負担を分散化させたりして、やはり長く続けられたらいいなと思います。
こちらのサークルでは、育児ストレスの軽減を図る講座やイベントなどを企画したり、妊婦さんも視野に入れた活動をしたりしたいということで、本当にすばらしいと思いました。無理だけはしないで、活動を続けていっていただければと思います。
その報告者の方が連れてこられていた双子ちゃんがとても素直でかわいくて、注目の的でした。

また、ひょうご多胎ネットの方からは、その活動について詳しくお伺いすることができました。非常に先進的であり、各地域で同様の活動を検討する場合には、ぜひ参考にすべきものだと思います。行政と対等・平等の立場で、お互いを思い尊重し、批判しないというところにポイントがあると思います。

さらに、日本多胎支援協会からは、妊娠中・不妊治療中からの切れ目のない支援を目指しての、ネットワークによる活動の必要性・活動事例、日本多胎支援協会の活動等についてのお話がありました。

行政の方からの質問等もあり、大変有意義な集会でした。


フィールドアスレチック

2010-10-10-14:52

Category :子育て

忙しくしていて、気づいたら前の日記から1か月開いてしまいました。スポンサーサイトの表示になってしまう前に、9月の日記を書いておきます。

9月の連休にお隣の野田市にある清水公園のフィールドアスレチックに行ってきました。
私が小さいときには、よく行っていたところです。

ちょうど涼しくなり始めたころだったので、大にぎわいでした。
お弁当を食べて、アスレチックを始めましたが、ファミリーコースでも結構厳しい。きちんとやろうとすると40個ものポイントをクリアする必要があります。

最初の方に1カ所だけあった池の上のアスレチックでは、ターザンみたいに向こう岸にある浮きに乗り移るのですが、子どもは割と成功していましたが、大人はほとんど水の中に落ち(うまく浮きに乗り移れても、バランスを崩して多くの人が落ちます。)、全身ずぶぬれになっていました。それが面白いので、ずっと見ていました。着替えは持ってきているものの最初から落ちるのも嫌なので、それは飛ばして、池以外のコースに。

いろいろな面白いアスレチックがあって、子どもたちは大喜び。
アスレチック1

アスレチック2

アスレチック3

アスレチック4

娘は本当に恐がりで、ものすごい慎重。
息子はけっこうなんでも挑戦していました。
アリ地獄も久しぶりに面白かったです。

このロープウェイみたいのは、私も子どものころ大好きでした。
子どもたちも気に入って何回もやっていました。
ロープウェイ

最後に、また池の上のターザンを見ていて、私がなんか絶対できそうな気がしてきて、挑戦することに。
妻も子どもたちもみんな絶対落ちると思っていて(私の運動神経を知っているので)、落ちる瞬間をカメラに収めようと待ちかまえていました。
ギャラリーも結構いるので、緊張しましたが、結局思いどおりに成功してしまい、皆がっかりしていました。
 ↓ 実際にはものすごい表情をしています。
ターザン

子どもたちがもうちょっと大きくなったら、今度は冒険コースや水上コースにも挑戦してみたいです。


NEW *TOP* OLD

プロフィール

toukoko

Author:toukoko
年齢 40代
性別 男性
埼玉県在住
資格 産業カウンセラー、認定心理士、行政書士(有資格者)

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。