趣味の勉強日記 心理学

2017-04

スポンサーサイト

-----------:--

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートをつなごう

2008-12-31-16:59

Category :心理学

「ハートをつなごう」。以前にも一度このタイトルで日記を書きました。
時々しか見られませんが、興味深い題材が多く、構成も内容も本当によい番組です。もっと、皆がこの番組を見てくれるといいのになと思います。

今回のは2日連続での再放送「子ども虐待・パート3」、「子ども虐待・VOICE-番組に寄せられたメールより」。

構成もすばらしく、感動しました。
ゲストはとても尊敬している西澤哲先生。さすがです。本当にすごい方だと思います。
30分番組が2回だけですが、非常に勉強になりました。

DVDに焼いて、保存しておきます。
99.9%ないでしょうが、私が将来、心理や福祉のスクーリングの講師とかをやる機会があったら、上映したうえでグループワークとかをやりたいくらいです。

NHKは、教育テレビ50周年にあたる2009年、悩みを抱える子どもたち、そして親たちを、孤立から救うために「社会は、私たちは、何をできるのか」、具体的な“提案”を集めていき、「公共放送キャンペーン」として、子どもたちやその親たちを応援していくとのことです。
まずは、1月9日(金)総合  午後10時から10時49分「親と子の現場から」
10日(土)教育  午後8時から11時 スタジオから生放送「親と子を支えるために」
とのこと。
ぜひ見たいと思います。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/kodomo/

仕事とメンタルヘルス2008

2008-11-02-23:21

Category :心理学

「仕事とメンタルヘルス2008 シンポジウム」に行ってきました。
前日が終電だったので、お昼を食べた後の午後1時30分からはちょっと厳しかったです。まあ、だいたいは起きていました。
やはり職場のメンタルヘルスでは、うつ病が問題になることが多いようで、うつ病関連の講演がかなり多かったです。
「医師による面接指導」を受けた人(基本的には、月100時間超又は2~6か月平均で月80時間超の時間外・休日労働をしていて、申出をした労働者)は、「抑うつ状態」として医師へ紹介される割合が7割を超えているということでした。睡眠時間の短さがうつ病につながるというたしかなデータがあるとのことです。
なお、朝6時起床で、通常の勤務時間で仕事をしていて、夜9時の時点では自動車運転における「酒気帯び」と同じレベル、夜11時の時点では、なんと「酒酔い」運転と同じレベルにの作業効率となってしまっているとのことです。これは恐ろしいことだと思いましたし、いつも思っていることですが、あまり長時間やっても能率は全く上がらなく、逆にうつ病等のリスクを増大させるということになります。うつ状態となれば、作業効率は30%くらい落ち、ミスや事故も誘発するとのことですし、それと長時間労働と時間的切迫による作業効率の低下も考慮すれば、どんどん「悪循環」に陥ることになると思います。

それから、睡眠時間が6時間と8時間では、覚せい時の眠気にはそれほど差はないのですが、6時間だと作業効率は大分落ちるということです。4時間睡眠が続けば、もう作業効率は話にならないようなレベルのようです。
あと、これもよく言われることですが、朝早く(6時とか7時くらいに)起きて、光を浴びないと、25時間リズムとなっている体内時計がリセットされず、リズムがどんどん狂ってくるし、睡眠の質も落ちてしまうようです。
前から思っていたことですが、日本では、睡眠教育がほとんどされていない状況だということで、講師の方は、その重要性を指摘されていました。

このほか、うつ病の薬物療法や心理社会的アプローチ(認知行動的技法)についても、大変参考になりました。認知行動的技法は、予防に役に立つということを言われていました(予防なので、「療法」とは言わない。)。私も予防にもっとも役立つ技法のような気がしています。

また、フェアマネジメント教育とか、復職とか、いろいろな話題がありました。とても勉強になりました。資料もたくさんもらえてよかったです。

まとめると、「良い人間関係が大事」だということです。あと、私が持った感想としては、「睡眠」の重要性ですね。まずは、きちんと睡眠ができていれば、かなりのメンタルヘルス不全の事例は防げるのではないかと思いました。実際は、働いていると、平日に8時間睡眠なんていうのは、ほぼ無理ですが(ちなみに、今回のシンポジウムではないのですが、別の講演でのお話によれば、週50時間睡眠をとればOKということでした。1日平均約7時間ですが、短い日があっても、次の日とかに挽回すればよい(朝日の光を浴びるために、寝坊は避けるべきですが。)そうです。)。
この4月からの仕事、気をつけないと、わりとすぐに上記の「悪循環」になりそうなので、私も気をつけたいです。

無事合格しました

2008-10-25-21:18

Category :心理学

今日、日本心理学会から手紙が届きました。
認定心理士、無事合格しました!
ずっとほしかった資格なので、本当に嬉しいです。
今年からの新基準で申請し、認定された単位数は合計70単位で、一応aからi領域まで全領域4単位以上あります(iは卒業研究です。)。やっぱりg(臨床心理学・人格心理学)が26単位と飛びぬけて多いです。産能大学と放送大学を合わせた単位数です。

あとは、お金を払い込めば、認定心理士として認定されます。
ちょっと高いので、今の時期痛い出費ですが、すぐに振り込もうと思いみます。

認定心理士申請の通知

2008-08-10-01:15

Category :心理学

先日申請した認定心理士の書類について、認定委員会から通知が届きました。心配してたとおり、足りない書類があったようです。自分なりによ~くチェックしたつもりだったのですが、言われてみると、確かにシラバス上、担当教員名が明らかになっていな科目がありました。本当によく見ていただいて、逆に嬉しくなりました。さすがプロだと思います。
さっそく、追加書類を準備しました。これですんなり通るとよいのですが。認定時期は10月の半ばになるとのことです。待ち遠しいです。

認定心理士の状況

2008-07-21-01:21

Category :心理学

子どもたちは、お泊まり保育からとても元気に帰ってきました。
息子なんかは、ちょっと不安もあったようですが、スイカ割りとかキャンプファイヤーとか相当楽しかったようで、帰ってきてからは「毎日お泊まり保育がいい。」って・・・、それはそれで寂しいな~。


さて、放送大学から、待ちに待った認定心理士の「心理学関係科目修得単位表」が届きました。あこがれの星薫先生に記名押印をいただけました。とてもわかりやすいアドバイスもいただき、本当に感激です。ちなみに、修得単位表が届くまでは、申込みの要領に記載されているとおり、やはり2か月以上かかりました。
いま、先生のアドバイスペーパーや先生のホームページにのっとり、申請書類や成績証明書やシラバスのコピーなど、いろいろと準備しています。膨大な書類を引っ張り出してきて、コンビニにいろいろコピーしにいったり、成績証明書の申請をしたり、書類を作ったりでなかなか大変です。

産能大学からの成績証明書が届くのを待って、すぐにでも申請できるようにしたいです。今年からの新資格取得基準に基づいて申請してみます。
何とか1回の判定で認定がされると嬉しいです。認定委員会は、2~3か月に1回しかないようなのですが、疑問点とかがあって保留になると、さらに次回に回されてしまうようなんです。

あと、放送大学の次学期の履修登録期間が近づいていて、シラバスを見たりしてどうしようか考えていますが、認定心理士にも結構お金がかかるので、今回はまた少なくなりそうです。でも、卒業も目指しますので、登録はしますよ。

認定心理士申請に向けて

2007-08-05-13:29

Category :心理学

放送大学の来学期の履修登録にあたっては、日本心理学会の認定心理士に必要な単位だけを考えて登録しました。
来学期の単位を落とさなければ、たぶん認定心理士の申請ができるのではないかと思っています。
以下、最大限認定された場合の単位を計算してみました。私が勝手に見積もっただけですので、皆様の履修登録にあたっては、参考にしないよう、くれぐれもご注意ください(同学会の「資格申請の手引き」やホームページでご確認ください。)。

(1)基礎科目・・・18.5単位
  (A)心理学概論・・・8単位
     (基本主題)心理学・4単位(産能)、行動科学・4単位(産能)
  (B)心理学研究法・・・5単位
     (基本主題)心理学研究法・2単位(放送)
     (副次主題)統計学・4単位(産能)、身近な統計・2単位(放送)
  (C)心理学実験・実習・・・5.5単位
     (基本主題)教育心理学実習・1単位(放送)、認知心理学実験2・1単位(放送)、基礎心理学実験実習・1単位(放送)
     (副次主題)臨床心理学実習Ⅰ・1単位(放送)、カウンセリング演習Ⅰ・2単位(産能)、カウンセリング演習Ⅱ・2単位(産能)
(2)選択科目・・・52単位
  (D)知覚心理学・学習心理学・・・4単位
     (基本主題)認知心理学概論・2単位(放送)、感情の心理学・2単位(放送)
  (E)教育心理学・発達心理学・・・6単位
     (基本主題)発達と教育の心理学基盤・2単位(放送)、基礎発達心理学・2単位(放送)、発達障害児の心と行動・2単位(放送)
  (F)生理心理学・比較心理学・・・4単位
     (基本主題)神経心理学・2単位(放送)、動物の行動と生態・2単位(放送)
  (G)臨床心理学・人格心理学・・・24単位
     (基本主題)パーソナリティーの理解・4単位(産能)、カウンセリングの理論・4単位(産能)、産業カウンセリング・4単位(産能)、キャリアカウンセリング・4単位(産能)、児童の臨床心理・2単位(放送)、乳幼児・児童の心理臨床・2単位(放送)、ゼミナール・4単位(産能)
  (H)社会心理学・産業心理学・・・10単位
     (基本主題)産業組織心理学・4単位(産能)、コミュニケーション・2単位(産能)、応用心理学・2単位(放送)、職場のメンタルヘルス・2単位(産能)
(3)その他の科目
  (I)心理学関連科目、卒業論文・卒業研究・・・4単位
     卒業研究・4単位(産能)
合計・・・・70単位(端数切り捨て)

NEW *TOP* OLD

プロフィール

toukoko

Author:toukoko
年齢 40代
性別 男性
埼玉県在住
資格 産業カウンセラー、認定心理士、行政書士(有資格者)

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。