趣味の勉強日記 もがれた翼

2017-09

スポンサーサイト

-----------:--

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もがれた翼

2011-08-22-22:45

Category :法律

週末に、子どもたちと弁護士がつくるお芝居「もがれた翼」パート18を見てきました。
昨年も見たかったのですが、都合が悪くて行けなかったんです。
もがれた翼は、パート9で「カリヨン子どもセンター」が夢の施設として描かれ、それが現実の世界で作られたことでも有名です。

18年目の今年のテーマは、「私のあした」。
演技も素晴らしかったですし、内容も素晴らしかったです。
内容は重いものでしたが、久しぶりの観劇でまたパワーをもらいました。

今回のお話は、子ども虐待が原因と考えられる精神疾患を抱える子どもを中心としたお話でした。
十代のシングルマザーの大変さも取り上げられていました。こういったところにも、訪問型の子育て支援などの適切な支援があれば、お芝居の中で描かれていたような親のうつ病性障害が予防できた可能性が十分あるように思います。

名古屋のNPO法人子どもセンターパオが開設する予定のステップハウス(お芝居では既に開設されたことになっていましたが)をモデルにした療養型グループホーム、ぜひ実現してほしいと思います。前に書いたあいち小児保健医療総合センターの例もあり、愛知県は、いろいろな面で進んでいるなと思いました。
情緒障害児短期治療施設の増設や職員の増員等も喫緊の課題だと思います。

また、医療保護入院制度については、厚生労働省の「新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム」で見直しが進められていますが、今回のお芝居の中でも取り上げられていたように、未成年者の場合の精神保健福祉法上の保護者のあり方も問題があるように思います。ただし、現状でも、親権者の職務執行停止まで行かなくても、親権者以外からの同意で対処する方法は考えられるとは思います。

来年施行予定の民法等の一部改正により、親権停止の制度もでき、未成年後見制度も使いやすいものになります。子ども本人が親権の停止・喪失の申立てができることになり、このような場合の「子ども担当弁護士」の役割もより大きいものとなるのではないかと思います。


同じく週末に、里親による虐待という問題が明るみになりました。二人のお子さんを育てて、社会人として博士号を取られ、社会貢献活動をされていた方ということですが、里親委託の場合、普通の子育てとは全く違うという指摘もあり、里親への充実した支援は欠かせないと思います。推定無罪の中で、児童相談所側から、里親個人の情報がいろいろと語られてしまうというのも、これからの里親制度のことを思うとちょっと問題ではないかと思います。


スポンサーサイト

* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujunkuki.blog45.fc2.com/tb.php/494-350eb37f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シューカツで企業が血液型質問? *TOP* 大学院成績

プロフィール

toukoko

Author:toukoko
年齢 40代
性別 男性
埼玉県在住
資格 産業カウンセラー、認定心理士、行政書士(有資格者)

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。