趣味の勉強日記 基本書選び

2017-04

スポンサーサイト

-----------:--

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本書選び

2011-06-11-16:57

Category :大学・大学院

大学院の科目のテキストは、電車の中で読んでいます。
修士選科生や修士科目生でほとんどの科目を取ってしまってから修士全科生に入学している方が多いようで、科目の履修から修論までを2年で終えようと思うと結構大変だな~と思います。

ゼミのほうは、8月半ばまでに、論文の目次と、先行研究の基本書2冊を選んでレポートすることが課題となりました。
学術雑誌や紀要などの論文関係は、ちょっとずつ埼玉県立大学図書館でコピーしたり、国立国会図書館で取り寄せたりしていましたが、まだ基本書と言えるような書籍は見つけられていませんでした。
そこで、さっそく埼玉県立大学の図書館(情報センター)と文教大学の越谷図書館に行きました。どちらも自転車で10分ちょっとのところにあります。

差し当たり、基本書を選ぶために、次のような本を借りてみました。
仕事も結構ハードなので、全部はとても読めませんが、かなり参考になりそうです。
こう見ると、イギリス関係の本かなり多く(ホーム・ビジティングもイギリス発祥です。)、2冊のうちの1冊は、イギリスの児童福祉関係の書籍ということになりそうです。

この2つの大学が近くにあって、本当に助かりました。
文教大学は子ども関係や心理関係が特に充実していますし、埼玉県立大学は福祉関係や保健・医療関係が充実しているように思います。


ホーム・ビジティングの挑戦―イギリス・家庭滞在型の新しい子ども家庭福祉サービスの展開ホーム・ビジティングの挑戦―イギリス・家庭滞在型の新しい子ども家庭福祉サービスの展開
(2006/05)
西郷 泰之

商品詳細を見る



ホームビジティング―訪問型福祉の理論と実際 (MINERVA福祉ライブラリー)ホームビジティング―訪問型福祉の理論と実際 (MINERVA福祉ライブラリー)
(2006/12)
B.H. ワシック、D.M. ブライアント 他

商品詳細を見る



20世紀児童福祉の展開―イギリス児童虐待防止の動向から探る20世紀児童福祉の展開―イギリス児童虐待防止の動向から探る
(2006/07)
田澤 あけみ

商品詳細を見る




子ども家族援助論―子どもと家族のウェルビーイング子ども家族援助論―子どもと家族のウェルビーイング
(2003/11)
山田 勝美、鈴木 力 他

商品詳細を見る



21世紀イギリスの子どもサービス―日本への示唆21世紀イギリスの子どもサービス―日本への示唆
(2009/12)
伊藤 淑子

商品詳細を見る



イギリスにおける育児の社会化の歴史イギリスにおける育児の社会化の歴史
(2004/02)
小川 富士枝

商品詳細を見る



子ども家庭福祉サービス供給体制―切れめのない支援をめざして子ども家庭福祉サービス供給体制―切れめのない支援をめざして
(2008/05)
柏女 霊峰

商品詳細を見る



イギリスの児童虐待防止とソーシャルワークイギリスの児童虐待防止とソーシャルワーク
(2006/05/23)
田邉 泰美

商品詳細を見る



現代児童福祉論現代児童福祉論
(2004/04)
柏女 霊峰

商品詳細を見る



スポンサーサイト

* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujunkuki.blog45.fc2.com/tb.php/486-48527ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「発達障害を抱えた子どもへの理解と多胎児家庭での養育」 *TOP* ホームスタート活動報告会

プロフィール

toukoko

Author:toukoko
年齢 40代
性別 男性
埼玉県在住
資格 産業カウンセラー、認定心理士、行政書士(有資格者)

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。