趣味の勉強日記 日本双生児研究学会

2017-11

スポンサーサイト

-----------:--

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本双生児研究学会

2011-02-13-16:17

Category :子育て

古い記事ばかりですいませんが、日本双生児研究学会第25回学術講演会が1月29日(土)に茗荷谷のお茶の水女子大学で開催されました。

双子の出生率等、医療機関における多胎児家族への支援、多胎育児準備クラス開催の試みなど、とても興味深い発表を聴くことができました。
中でも、「双子の父親の育児への関わり方と育児中に感じる困難」は、発表もわかりやすく、内容的にも非常に興味深い研究でした。パパが公的な子育て支援(親支援)の対象となっていない(ママしか対象にされていない地域子育て支援拠点などもまだまだ多いです。)のは論外として、もっといろいろな面で双子の父親がサポートされたり、悩みを共有できる機会があったりする必要があると思います。

この日の午後は放送大学の試験と、その後は妻が出かけるので子どもとお留守番だったので、本当に残念ながら、午前中が終わると同時にお昼も食べずに足立学習センターに行ってきました。そういえば、茗荷谷にも文京学習センター(建て替え中)がありますね。
学会では、短い時間でしたが、bachinさんなどにもお会いすることができ、また新しい出会いもいただきました。bachinさんによれば、もともとは心理学、医学、行動遺伝学等の双生児研究を目的としていた学会のようなのですが、そこに親たちも受け入れていて、子育て支援系の発表も含めた双子に関する研究ならばなんでもありというちょっと変わった学会だそうです。
来年は、双生児研究で有名な東京大学教育学部附属中等教育学校で行われるそうです。東大附属については、「ビバ!ツインズ」という本で読んだことがあります。来年は、ぜひ午後も参加したいです。

しかし、この日は、前日が終電で、その後勉強していたので眠かった・・・。お留守番の時も昼寝していました。


スポンサーサイト

* comment *

行きたかったです

託児があれば、是非参加してみたかったのですが……
残念です。
来年は、子供達も少しは聞き分けよくなる「はず」なので
行ってみたいです!!

ぜひ来年は

をこぴんさんおはようございます。
本当に託児があるといいですね。

難しい内容の発表もありましたが、学会としてはとても参加しやすい雰囲気だと思います。ぜひ来年行きましょう!

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujunkuki.blog45.fc2.com/tb.php/475-163cf7d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

放送大学成績 *TOP* iPhoneとパソコンを修復しました

プロフィール

toukoko

Author:toukoko
年齢 40代
性別 男性
埼玉県在住
資格 産業カウンセラー、認定心理士、行政書士(有資格者)

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。