趣味の勉強日記 心の健康づくりシンポジウム

2017-11

スポンサーサイト

-----------:--

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の健康づくりシンポジウム

2011-01-31-02:22

Category :カウンセリング

2週間以上前に行ったシンポジウムの記事になってしまいますが、やっと放送大学の試験も終わりましたので書きたいと思います。
試験などについては、また後日書きます。


今年度の心の健康づくりシンポジウムは、「今こそ、“攻め”のメンタルヘルス対策」~ストレス耐性からのアプローチ~ということで、例年にも増して実践的で有意義なお話が聞けました。

基調講演:夏目先生「ストレス耐性を高めよう」
世代間のカルチャーの違いによるコミュニケーションギャップが、職場における現代の最大のストレスだというお話がありました。
注意や叱責も人間関係ができていないと逆効果になります。人間関係を作るには、やはり雑談が大事だということです。
ストレス状態のときには、配偶者の了解も得た上で、土日の2日間ごろ寝をするのがよいそうです。ずっとボケーっと過ごして、心のエネルギーを充電するのが大切だということでした。もっと重度の場合には、もっと多くのごろ寝をする必要があるということです。それでもエネルギーが出なければ、専門家のところに行く必要があります。
また、ストレス・コントロールのためには、「頭の外に出す」ということが大切だということです。1人で考えていると、考えが空回りしてしまいます。話したり、相談したり、文章にすることで、頭の外に出せば、悪循環が断ち切れ、主観が客観になります。さらに、「身体の外に出す」ということも大切で、泣く、汗をかく、身体の動き(震え等)に出す、排尿、排便等により、行動によって外に出すということも必要だということです。

シンポジスト1
中尾先生「リラクセーション」
認知行動療法的アプローチとともに、リラクセーション反応の練習をすることにより、効果的なプログラムとなるということです。
ストレスマネージメントの基本としては、何とか睡眠時間を確保する、食事を抜かない、頑張りすぎはダメ、ストレスに気づく、周囲からのサポートを上手に得る、自分なりのリラクセーション法を毎日実践、前向き思考という7つのアドバイスがありました。

シンポジスト2
森田先生「アサーティブトレーニング」
アサーティブネスの定義、アサーティブでない振る舞いはどのようなものか(ドッカン(攻撃的)タイプ、オロロ(受身的)タイプ、ネッチー(作為的)タイプ)、アサーティブな関係とはどのようなものか等のお話がありました。その上で、アサーティブトレーニングによるメンタルヘルス不全の予防の効果として、感情を適切に言語化でき、ストレスをためないということがあるというお話がありました。また、個人的達成感、自己信頼感が向上し、交渉できる力や、正当な批判を受け入れられる力のスキルアップとなり、打たれ強くなったという結果や、問題解決力や相談力が向上したという結果も測定されているということです。

シンポジスト3
土肥先生「事業場での取り組み事例」
土肥先生の会社の健康診断は、常勤看護職が問診を、専属産業医が診察と問診を行うことにより、産業保健スタッフが社員の身近な存在となることができるということです。
E-ラーニングによるアサーションやメンタルタフネスのシュミレーション学習も行われており、特に新入社員に対しては、2年間産業医が面接するなどしてフォローアップしているということです。
また、ストレス検査についても、単に行うだけではなく、分析し、職場や個人へのフィードバックがされています。職場ストレス調査として、産業医大のメンタルヘルス風土尺度WINが利用されているということで、その結果も有効活用されています。
もちろん、カウンセリングも積極的に活用されており、クライアントに合ったカウンセラーということも考慮されているということです。


感想としては、ごろ寝の効用というのは、再発見でした。また、雑談も、度が過ぎなければ大事なんだということをあらためて認識しました。
各先生のお話の随所に認知療法的な考え方が表れており、その重要性を感じました。ちなみに、3月にある日本ストレス学会・日本産業精神保健学会の共催シンポジウムは、「認知療法を活用した職場のストレス対策」だそうで、興味深いです(行けるかどうか分かりませんが)。
それから、自分のためにアサーションもきちんと学んでみたいと思いました。
事業場の取り組みとしては、メンタルヘルス風土尺度WINや、メンタルヘルス改善意識調査票(MIRROR)の活用がもっと進むとよいと思います。やはり、よいメンタルヘルス風土や意識を醸成することが一番重要ではないかと思っています。
また、会場からの質疑で、社労士の方が、企業の責任として、メンタルヘルス不全により退職せざるを得ない方に対しては、障害厚生年金が受給できるようにできる限りのことをしてほしいとおっしゃっていたのが印象的でした。私もそのとおりだと思います。

このシンポジウムに参加して3年になりますが、今年のは特によかったです。
今年の配布資料は既に下記のホームページに載っています。配布資料をご覧いただいたほうが、このブログの記事を見るよりも正確で、ずっとわかりやすいと思います。講演録もたぶん3月くらいに載ると思います。
http://www.jisha.or.jp/health/reference/index.html

来年度からは、厚労省の委託事業から外れるため、有料とすることが検討されているようです。有料になっても、できる限り参加しやすく、よいシンポジウムとしていただければと思います。


スポンサーサイト

* comment *

シンポジウム参加してみたかったです。

ごろ寝いいですね。気持ちいい。
思考をストップすることで意識がクリアになるのかな?

来年、参加してみます♪

ナホさん、こんばんは!

ごろ寝、たぶん思考をストップできることがエネルギーの回復に大きく役立っているのだと思います。
来年も実施する予定とのことですので、ぜひ参加してみてくださいね。
来年はどんなテーマか楽しみです。

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujunkuki.blog45.fc2.com/tb.php/470-df94060f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

となりの子育て(アドラー心理学) *TOP* 新年の抱負

プロフィール

toukoko

Author:toukoko
年齢 40代
性別 男性
埼玉県在住
資格 産業カウンセラー、認定心理士、行政書士(有資格者)

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。