趣味の勉強日記 放送大学25周年記念特別公開講座「無縁社会」

2017-09

スポンサーサイト

-----------:--

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放送大学25周年記念特別公開講座「無縁社会」

2010-08-15-21:36

Category :大学・大学院

8月11日に、文部科学省時事問題イブニングセミナー・放送大学25周年記念特別公開講座「無縁社会」に行ってきました。
会場が霞が関中央合同庁舎7号館東館3階講堂ということで、きっと古めかしいところなんだろうなと思っていたら、すごく広くてじゅうたん張りの素敵な最新の建物・設備だったので驚きました。
場所柄、国家公務員の参加者も多かったのではないかと思います。

無縁社会、以前夜中にNHKで再放送を見て、関心を持っていました。今回は、そのNHKの番組も用いながら、放送大学宮本みち子教授による基調講演、経済評論家内橋克人氏による問題提起が行われました。その後、上記2氏のほか、NHK報道局の板垣淑子ディレクター、板倉弘政記者が加わり、学者とNHKのコラボによるすばらしいパネルディスカッションが行われました。

年代にかかわらず社会的に孤立する人々が増加し、貧困または社会的不安と社会的孤立がセットとなり、家族・地域の変容と弱体化が関係し、現行の行政が有効に機能できないという実態があるとのことです。たしかに実感できる部分もあります。

この時代、「家族の絆」ばかりに期待することは無理があります。絆は重層的に組み合わさって強くなるということですが、現代の絆には重層性がないため、脆弱で壊れやすく、経済的、社会的、健康的に恵まれていない人々ほど絆を失いやすいとのことです。また、現代社会は、ハンディのある人を守ろうという配慮がなく、個人の責任、家族の責任として放置してしまうという実態があるということです。

貧困の世代間の連鎖という問題がありますが、まさにそれが現実に多く起きています。若者のホームレスも増えています。
2030年には、男性の3分の1、女性の4分の1が生涯未婚(50歳までに一度も結婚の経験がない)となり、全都道府県で単身世帯が第1位となる(東京都では半数の世帯が単身世帯となる)との見込みとのことです。
こういう世帯分布を前提とした社会保障システムを作る必要があります。また、身内の保証人を立てることを前提に建物の賃貸借契約等をするようなシステムも改めなければなりません。社会や地域が「絆」を作るシステムにして、つまづいても復活できる社会を作っていく必要があります。社会保障・社会福祉のあり方や市民の意識を根本から見直す必要があると思います。

こういった問題を放置すれば、今後、孤独死、無縁死という問題は爆発的に増えるでしょう。
単身世帯やホームレスでなくても、児童・高齢者の虐待、引きこもりなどの問題も同じような原因が潜んでいるように思います。

それにしても、NHKはすごいと思います。宮本教授も、NHKは、研究者ではできないような大規模で長期にわたる調査をいろいろ行っているというようなことをおっしゃっていました。最近の高齢者の行方不明の問題も、NHKの担当の方には想定の範囲内のことだったようで、すぐに対応できたとのことです。今回のお二人も本当にすばらしい理念と熱意で、しかも非常に優秀そうな方々でした。この問題が明るみになったことで、次回の無縁社会の特集の放送時期が大幅に早まったとのことで、かなりお忙しいとのことでした。
これからも、NHKと研究者が連携して、様々な社会の問題を考えていってもらいたいです。

おみやげに、こんなものをもらいました。まなピーのハンドタオル、クリアファイル、放送大学のうちわ、ボールペンです。まなピーのタオルは、職場にはちょっと持っていけなさそうです(笑) 子どもに持たせるのもちょっとどうか・・・。
放送大学グッズ



スポンサーサイト

* comment *

お疲れさまでした!

行けなかった私向け?にも、丁寧なブログ情報ありがとうございますヾ(=^▽^=)ノ
無縁社会、私達の世代でも正直他人事ではありませんよね。結構考えさせられます。
しんみりしてしまいますが、最後の放送大学グッズでほっこりしました(^m^)
ハンドタオルがどんなんか気になってましたので(笑)。まなピー、マニアック?ですね(*^_^*)

おれんじさん、こんばんは!
本当に大勢の方がいらしていました。
それだけ関心が高い題材だったのだと思います。本当に他人事ではありません。
このセミナーは放送もするそうですので、ぜひご覧ください。司会の鷹觜アナウンサーが11月何日とかとおっしゃっていたようにも思います。詳細は忘れました。スイマセン(。、ヾ

まなぴー、かなりマニアックですね。「まなピー」ではなく、正確には「まなぴー」だそうです。
まなぴーのデザインは、平成13年に放送大学を修了された漫画家のこうの史代さんだということです。映画化もされた『夕凪の街 桜の国』で第8回文化メディア芸術漫画部門大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞されたすばらしい先輩です。

由来:放送大学で学び、未来への夢を広げる鳩。
命名は公募ですが、「「ピー」は鳥の鳴き声、平和のピースとのこと。」
学生生活の栞には、「「あなた」の心に学びを届ける伝書鳩をイメージしています。」との説明もされています。
これで、さらに放送大学マニアになること間違いなし!

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kujunkuki.blog45.fc2.com/tb.php/454-f451ef33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

放送大学成績 *TOP* 埼玉県立大学情報センター(図書館)

プロフィール

toukoko

Author:toukoko
年齢 40代
性別 男性
埼玉県在住
資格 産業カウンセラー、認定心理士、行政書士(有資格者)

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。