趣味の勉強日記 2010年03月

2010-03

スポンサーサイト

-----------:--

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンポジウム「労働者の睡眠-必要な知識と効果的な対策のために- 」

2010-03-28-16:49

Category :カウンセリング

先日の睡眠のシンポジウムの内容を復習がわりに簡単にメモしました。難しくてわからない薬の関係の話などは書けませんでしたが。やはり産業分野での睡眠教育が重要なのだなと思います。
全くまとまりありませんが、興味のある方だけご覧ください。


睡眠の効用・・・脳と身体の休養、身体の成長と損傷の修復、免疫機能強化、体内環境の調整、学習の強化

労働者の20~30%に睡眠障害がある。労災、生産性の低下、うつ病リスク。
検診等で「気分はどうですか?」では答えてくれない人でも、「眠れていますか?」との質問には「実は・・・」と話してくれる場合も多い。

交替勤務によって睡眠は大きく乱され、その結末は深刻である。睡眠を健全にする対策を労使が協力して実施する必要がある。
夜勤でも、3日に1日くらいはまったく普通の生活に合わせる方がよい。
また、交替勤務にはどうしても適応できない人はいる。

日本でも海外でも睡眠時間は年々短くなっている。

急性の睡眠不足による能力低下・・・徹夜明け「酒酔い運転レベル」(まっすぐ歩けない)と同じレベル。
慢性の睡眠不足は、3日間十分に眠っても回復しない。週末に長時間睡眠してもダメ。

睡眠が関係している事故・・・医療現場の夜勤時の申し送り過誤による事故、交通事故、チェルノブイリ原発事故、スペースシャトルチェレンジャー号(放送大学「技術者倫理(’09)第2回講義参照)、アラスカ沖タンカー事故など。経済的にも多大な損失がある。

生活習慣病 糖尿病、高血圧は不眠でリスク大。
肥満・メタボも睡眠不足によりレプチンが低下しグレリンが上昇するため、食欲が亢進し、肥満となる。睡眠不足だと痩せるというイメージは間違っている。

精神障害には、ほとんどが不眠を伴う。
逆に精神障害のない人でも、不眠によってうつ・イライラとなったり、子どもの場合はADHDのような症状が出現することがある。

成人は何時間睡眠すればよいか?・・・平均は7時間程度だが、個人差がかなり大きい。年齢(年齢が高くなると短くなる傾向)、季節でも変化する(冬が長い傾向)。個人差が大きいため、上司があまり寝ないでも大丈夫な人で、それが当然とされると最悪。

長い間床に入っていれば、誰でも「不眠」になれる。
若い人は床に入っている時間短く、昼間眠い。高齢になると睡眠時間が少なくても済むのに、床に入っている時間は長くなる傾向にある。・・・「不眠」の訴えに。

「早寝早起き」がよいか?・・・「遅寝早起き」がダメなだけで、遅寝遅起きでも影響なし。

睡眠薬は魔法の薬ではない。そこまで効くわけではないかわりに安全性も高い。飲んでも眠れない日はある。眠れない時間帯では、どんなに強い薬を使っても眠れない。
酒は、寝付きだけはよいが、睡眠の質は悪く、依存性も高く、量も増えてくる。まさに睡眠薬について持たれているこわいイメージは、酒がそのまま当てはまる。
睡眠改善薬(等)は、風邪薬の眠くなる成分(抗ヒスタミン剤)の薬で、一時的な不眠のみにしか使えない。不眠症の人は使用してはいけないと説明されている。長く使うと効かなくなる。これを飲み過ぎて救命救急センターに運ばれる例が多い。

国際睡眠障害分類(ICSD-2)
1 不眠
2 睡眠時呼吸障害(OSAS等)・・男性24%、女性9%。中等症2.5%。睡眠不足、うつ、子どもの場合多動。事故、生活習慣病等。放っておくとかなりの割合で死亡につながる。
3 中枢性の過眠症 ナルコレプシーなど
4 概日リズム睡眠障害 睡眠相後退型など
5 睡眠時随伴症 レム睡眠行動障害
6 睡眠時運動障害 レストレスレッグス症候群など
7 独立した症候群
8 その他の睡眠障害

睡眠不足症候群
長時間労働・・・周りも皆そうなうなので、病気だとは思わない。
深夜だらだら起きているなど。寝る前にインターネット、テレビは眠れなくなる原因。

国際的には、睡眠障害には集団認知行動療法がポピュラーである。
逆説性不眠(睡眠状態誤認)、眠れないことへの過度の恐怖等も改善。
A 認知療法。自己評価と客観的評価を対比。
B 睡眠衛生指導(睡眠障害対処12の指針をアレンジ)
C 刺激制御療法
D 睡眠時間制限法 何時に寝て何時に起きると個別指導。
スポンサーサイト

うつ病サインみんなでキャッチ

2010-03-20-01:58

Category :カウンセリング

埼玉県では、3月18日から3月31日まで埼玉県自殺予防キャンペーンを行うとのことです。
キャッチフレーズは「うつ病サイン みんなで キャッチ」

うつ病についての本人や周囲の気づきの重要性を周知するとともに、相談機関や医療機関での早期の相談・受診を様々なメディアで呼びかけるとのこと。
埼玉県出身の菊川怜さんと大きなハートの絵柄のポスターが駅や一部コンビニなどに貼られていて、目にとまりました。とても素敵なポスターだと思います。
また、ラジオや新聞広告等でも広報するそうです。

「うつ病のサインとは?」
「うつ病のサインでもっとも自覚しやすいのは、『不眠』です。
症状が当てはまり、心配な場合は、相談してみましょう。」ということです。

埼玉県自殺予防キャンペーンサイト
http://www.minnade-catch.jp/

内閣府でも、今月、睡眠キャンペーン「お父さん眠れてる?」を実施しています。
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/suimin/

「パパ、ちゃんと寝てる?」のCMで話題となった静岡県の「富士モデル事業」の手法を取り入れたと思われるこれらのキャンペーン、注目しています。


というわけで、今日(20日)は、日本産業精神保健学会・日本ストレス学会共催シンポジウム「労働者の睡眠-必要な知識と効果的な対策のために- 」に行ってきます。
また、ご報告します。
とか言いながら、こんな時間に書いているのはよくないな・・・・。寝ます。


ドラえもん

2010-03-14-18:24

Category :その他

先週、公開したばかりのドラえもんの映画「のび太の人魚大海戦」を見てきました。
息子が、公開したらすぐに連れていってもらえるものだと思っていて、まだ行かないのかまだ行かないのかと催促されてしまって。。。
でも、さすが私の息子だと思いました。私もドラえもんは大好きでした、・・というか今も大好きですので。

映画は、30周年記念ということで、かなり力が入っている作品だと思います。面白かったです。
息子も娘もニッコニッコで見ていました。終わった後に、私と子どもたちで登場した道具の分析をしていました。
珍しくアニメ映画に一緒に来たママの方はやっぱり熟睡していて、やっぱり話に入れませんでしたが。

ちなみに、今週金曜日(19日19時)のドラえもんは、『映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』がテレビ初登場。
さらに、テレビアニメ第1回目『ゆめの町ノビタランド』が30年ぶりに復活!(←もちろん、リアルタイムで見ていました!実はその前に日テレ版のドラえもんが存在していたのですが。)。
新作ストーリー『町内突破大作戦』では、のび太が指名手配されちゃう…!?
期待できそうです!


NEW *TOP* OLD

プロフィール

toukoko

Author:toukoko
年齢 40代
性別 男性
埼玉県在住
資格 産業カウンセラー、認定心理士、行政書士(有資格者)

最近の記事

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。