趣味の勉強日記 2008年12月

2008-12

スポンサーサイト

-----------:--

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートをつなごう

2008-12-31-16:59

Category :心理学

「ハートをつなごう」。以前にも一度このタイトルで日記を書きました。
時々しか見られませんが、興味深い題材が多く、構成も内容も本当によい番組です。もっと、皆がこの番組を見てくれるといいのになと思います。

今回のは2日連続での再放送「子ども虐待・パート3」、「子ども虐待・VOICE-番組に寄せられたメールより」。

構成もすばらしく、感動しました。
ゲストはとても尊敬している西澤哲先生。さすがです。本当にすごい方だと思います。
30分番組が2回だけですが、非常に勉強になりました。

DVDに焼いて、保存しておきます。
99.9%ないでしょうが、私が将来、心理や福祉のスクーリングの講師とかをやる機会があったら、上映したうえでグループワークとかをやりたいくらいです。

NHKは、教育テレビ50周年にあたる2009年、悩みを抱える子どもたち、そして親たちを、孤立から救うために「社会は、私たちは、何をできるのか」、具体的な“提案”を集めていき、「公共放送キャンペーン」として、子どもたちやその親たちを応援していくとのことです。
まずは、1月9日(金)総合  午後10時から10時49分「親と子の現場から」
10日(土)教育  午後8時から11時 スタジオから生放送「親と子を支えるために」
とのこと。
ぜひ見たいと思います。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/kodomo/

スポンサーサイト

菌類のふしぎ

2008-12-30-22:05

Category :子育て

子どもが冬休みになり、私が休暇をいただいて子どもの面倒を見た日に「どこへ行きたい?」と聞くと、「キノコの博物館!」と。
なぜか子どもたちは、キノコを見るのが大好きのようです。

そこで、東京メトロ1日乗車券を買って、国立科学博物館に行ってきました。
1日乗車券で特別展の当日券(常設展も見られます)が100円引きになります。

特別展、「菌類のふしぎ」では、本当にいろいろな種類の実物のキノコ(樹脂で固めたもの等)が展示されていました。すごかったです。光るキノコも見ましたよ!
小さい子どもも多少は来ていましたが、こんなに真剣にず~っと見ているのはうちの子だけのような・・・。なんでこんなにキノコ好きなんでしょう。
「もやしもん」のキャラクターを中心とした展示も、かわいくてかなり良かったです。
http://www.tbs.co.jp/kinruiten/

ちなみに、「菌類」なんて、お客さんは、オタクっぽい男性ばかりだろうと勝手に想像してしまっていましたが、なぜか若い女性ばかり。本当に「ふしぎ」でした。

写真で子どもたちが顔を出しているA・オリゼー(ニホンコウジカビ)。最初はO-157のほうから顔を出そうとしましたが、「さすがにそれは・・」と思って、「大きい方の穴にしなさい」と言いました。

特別展「菌類のふしぎ」は、もうすぐ、2009年1月12日で終了とのことです(1月1日まで休館)。

菌類のふしぎ


常設展も見てきました。
2つの建物で、階数もたくさんあってすごい規模ですね。恐竜の骨とか動物のはく製とかもたくさん展示されていました。そのほかいろいろな分野の面白そうな展示とか体験がいろいろあります。とても全部は見られないので、いずれまた行きます。

今年死亡したリンリンを含めた上野動物園の歴代のパンダのはく製が勢揃いで展示されていました。
年配の方で「ちょっと太めだったけど、ランラン・カンカンが一番かわいかったな~。」等としみじみと語っている人も。
しかし、生後2日で死亡したチュチュの標本は、なんかかわいそうでした。
これも期間限定です。2009年4月5日まで(「カンカン」のみ3月8日まで)のようです。

足立学習センターWebサイト

2008-12-17-06:21

Category :大学・大学院

放送大学東京足立学習センターのウェブサイト「学ぶ人・学びたい人を応援します。東京足立学習センター」ができました。
http://www.adachi-sc.jp/

受講科目ランキングとか、所長ブログ、開所日・催事カレンダー等、役立つ情報がいろいろ載っています。

(所長ブログ)
http://adachisc.blog90.fc2.com/

足立学習センターは、全国でも唯一だと思いますが、図書室・視聴学習室が原則として月曜でも開いており、また施設もとてもきれいです。ロビーから見る荒川河川敷の景色がすばらしいんです。
同じビルには、足立区立中央図書館も入っており、そちらも利用でき、とても便利です。
試験や面接授業等では、やはり同じビルに入ってる生涯学習センターの教室も使用します。
最上階にはレストランもあります。

最寄り駅は、東武線(半蔵門線も直通)、常磐線、つくばエクスプレス線、日比谷線、千代田線が乗り入れ、全国でも有数の乗降客数を誇る北千住駅。駅前も発展がめざましいです。
でも、学習センターへの道(私がいつも通る道)は、八百屋の前をイヌがあるいたり、ネコが歩いていたりするようなのどかな宿場町。学習センターのビルから河川敷へ出られる出口もあり、すごくいいです。
よく「足立学習センターは駅から遠いのでは?」とも聞きますが、近道でちょっと速く歩けば、私は7,8分で着きます。

こんな便利で、環境もよく、施設も充実しているセンターですが、まだまだ試験時期以外は、ロビーも図書室・視聴学習室も面接授業等も、他のセンターよりすいていて、穴場のようです。
沿線やお近くで放送大学をお考えの方は、お問い合わせの上、ぜひ見学してみてください。

燃える産業カウンセラーの会&社労士忘年会

2008-12-15-22:33

Category :その他

土曜日は、今年最後の燃える会でした。また久しぶりになってしまいましたが、リレーでロールをやり、多少思いだしてきました。次回も忘れたころの出席ということになってしまうかもしれません。
今回は、5人と少人数で、のんびりした雰囲気で、雑談も交えながらの勉強会でした。初めての方もいらしていたのですが、放送大学のお仲間ということで、いろいろお話も伺えました。

そして、その足で、社労士試験の講座の先生が主催される忘年会へ。
上野毛から池袋、思ったより時間がかかってしまい、ちょっと遅刻してしまいました。
尊敬する先生にお会いできるし、好きなお酒も飲めると思って、当然のように申し込んでしまった忘年会でしたが、初めてお会いする方々ばかりで、しかも大人数・・・。そういえばこういう雰囲気ってあまり得意ではなかったような・・・。まあ、「すごく得意だ」という人はあまりいないでしょうが。
でも、すぐに慣れて、いろいろな方々とお話しできてとても楽しかったです。開業・勤務の社労士の方、受験生の方、有資格者の方、講師の方と様々な方々がいらっしゃいました。かなり遠方から出席されている方もいらっしゃいました。
2次会もほとんどの方が出席され、先生ともお話しでき、感激しました。
来年は、合格者として出席できるといいのですが・・・。

燃える会も、忘年会も、ネットのニックネームで呼び合うような会で面白かったです。

WALL・E

2008-12-14-21:05

Category :その他

公開された最初の日曜日に家族で見にいってきました。
すごく混んでいるいるのかと思いましたが、やっぱり春日部のララガーデンは、穴場です。
席には結構余裕があり、見やすい席で大迫力で見られました。私は、もちろん学生証を見せて学割を使いました。

内容は・・・まあそれなりには面白いとは思いますが、感動するとかっていうほどのことはないような・・・・。

でも、とにかく動きがかわいくて、子どもたちは、もうウォーリーのとりこです。
家に帰ると、2人でウォーリーのまねをずっとし合ってていました。結構似ています。
「私が日本人のウォーリー、僕はアメリカ人のウォーリー」って(よく意味はわかりませんが。)。
息子は、クリスマスプレゼントも、ウォーリーに変更しました。最初はサンタさんに「ごおおんじゃあをくらさい。さんたさんより」と書いていたのですが・・・・。

「ウォーリーのこういうところが面白かった」とずっと言っているので、ウォーリーの絵本も買ってあげました。

発表会

2008-12-14-20:18

Category :子育て

先日、幼稚園生活最後の発表会がありました。
子どもたちが行っている幼稚園では、「学ぶ」ということは「まねぶ」(真似る)から来ているということで、発表会を重視するという方針のようなんです(そういう方針で発表会が盛大だということは、今回の園長先生の挨拶をちゃんと聞いていて、初めて知ったのですが。)。
練習も相当して、衣装も個別に縫ったり、髪型、大道具・小道具もとても凝った結構本格的な発表会です。毎年クラスごとに2回に分けて、歌・演奏と踊り・オペレッタをそれぞれの回でやっていたのですが、あまりにも混雑するので、歌・演奏の方は参観日に回して、3部制に変更になりました。別々のクラスなので、2回行かないと行けないかと思っていましたが、同じ回になり、助かりました。

最初に年長さんが歌う園歌などの歌も、いつもよりもずっと大きな口で上手に歌えました。

オペレッタは、息子の方は浦島太郎の魚の役で、娘の方はシンデレラの伯爵のお嬢様役です。
発表会の前にも、家で、他の人のせりふや歌まで、全部覚えてやってくれていたのですが、やっぱり舞台でちゃんとできるか心配していました。
でも、本番でも踊りもせりふもとても上手にできました。年少の時とは比べものにならないです。みんなとても頑張って、担任の先生も、感動して泣いていました。先生や役員さんの方々は、練習のこと、衣装のこと、ピアノのことなどいろいろ大変なご苦労もあったのだろうと思います。

「伯爵のお嬢様」のほかに「大臣のお嬢様」、「貴族のお嬢様」などの役もあったのですが、最近、テレビのニュース大臣が映ると、なぜか雰囲気で「大臣」だとわかるようで、「これ何大臣?」って聞いてきます。
「経済産業大臣」とかって言うと、「けいざいさんぎょうだいじん?ながいなまえだねぇー」とかって言うので、面白いです。

地下鉄博物館

2008-12-07-10:26

Category :鉄道

おはようございます。今日は年賀状作りです。

先日、地下鉄博物館に行ってきました。
地下鉄の子ども向けのリーフレットをもらってきたら、2人でそれをボロボロになるまで見続けて、毎日のように「地下鉄博物館行きたい。」というので。
当然、私も行きたかったのですが(笑)。

休みの日でも、そんなには混んでいませんでした。
思ったよりは広くなく、鉄道博物館とは比べものになりませんでしたが、子どもたちは、ものすごく楽しかったようです。
息子のほうが、運転のシミュレーターをやりたがるかと思ったのですが、やらないとのこと。説得して、2回目にやっとやりました。娘の方は、やりたいやりたいということで、2回やりました。もちろん、一番簡単な、8000系(ワンハンドル)を選びました。
2人とも、ドアの開け閉めや信号の操作を喜んでやっていました。

運転指令

信号

運転1

運転2

パンタグラフ

銀座線

放送大学通信指導

2008-12-06-02:38

Category :大学・大学院

もう11月末のことになってしまいましたが、放送大学の通信指導は、結構ギリギリで提出しました。
社会心理学の基礎と応用のほうはマークシートだったのですが、ジェンダーの社会学は記述で、結構手こずってしまいました。結局、教科書をまとめる程度しかできなかったのですが。

今、大学が、全科履修生に対して、新学科への移行を勧めていますね。
そういきなり勧められてもと思うのですが、できれば今の専攻のままで卒業したいです。「発達と教育」って名前が好きだという理由もあります。
ただ、修業年限の関係で再入学となれば、新しい学科になってしまうようです。このまま何年も社労士受験生をやっていたら、放送大学が全然進まず、それも現実になりそうです。

新コースの「心理と教育」って、なんか心理学ブームを意識しているような感じで、私はあまり魅力的に感じません。名前だけですが。

せっかくなので、念のため、「システムWAKABA」で、新旧カリキュラムのシュミレートもしてみようと思います。郵送による所属移行届は1月31日必着だそうで。
まあ、とにかく卒業を目指してやっていきたいです。実は、次に入る通信制大学も心に決めてしまいました。

予防接種

2008-12-01-00:03

Category :子育て

昨日、インフルエンザの予防接種に行ってきました。
私が1回目、子どもたちはこの冬2回目(私は1回しかしない予定です。)。
息子は、毎年泣きません。
娘は、いつも泣き叫び、お医者さんをボコボコにします(足で蹴りまくる。)。

今年の1回目は妻が連れていったのですが、やはりそのような状況だったとのこと。

昨日は、娘は行く前から嫌で嫌で大騒ぎだったので、「泣かなかったらお菓子を買ってあげる。」とか、「もう年長さんなんだから、小さい子にお手本を見せないと。」とかいろいろ言って説得していました。
でも、いざクリニックに着くとやっぱり不安で泣きそう。

まずは、私。お医者さんは、「さすがパパ。強いね~。」とかいろいろ言ってくれます。
次は、息子。同じクリニックですが、昨日のお医者さんは、1回目の内科の先生とは違う小児科の先生で、「おまじない」をしてくれました。息子は、いつもどおり、1人で座って注射をされているときも平気そうでした。息子は、娘に対して、「全然痛くないよ。おまじない不思議。」などと言って、勇気づけてあげています。
そして、娘の番。お医者さんは、「今日は暴れないでくださいね。」と・・・。私は、「まずい・・。違う先生だけど、やっぱり娘が暴れることがばれているのか。またやっちゃうかな。スイマセン!」と思っていたら、そういうことではなくて、注射を受け終わった息子に「今日1日は暴れないで、安静にしているように。」という趣旨でおっしゃった言葉でした。でも、念のため、お医者さんを蹴らないように私の上に座らせて、私の足で娘の足を挟んで、注射をしない方の手を押さえて・・・。でも、おまじないをしてもらって注射をしたら、痛くなかったようで、泣きも暴れもしませんでした。
娘は、調子に乗って、「パパもお医者さんに向かう道で、泣いちゃうかもとかって言っていたんだよ。」とかって、しゃべり出しました。
帰りに床屋で息子の髪を切ってもらって、約束のお菓子も買って帰りました。

結局、親が何を言ってもダメでしたが、お医者さんのちょっとした対応でこうまで違うとは!さすが小児科の先生だと思いました。
もう、来年はきっと大丈夫です。

そして、12月は、イヌのワクチンの時期です。そちらも、毎年泣いて暴れてなかなか大変なんです。

NEW *TOP* OLD

プロフィール

toukoko

Author:toukoko
年齢 40代
性別 男性
埼玉県在住
資格 産業カウンセラー、認定心理士、行政書士(有資格者)

最近の記事

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。