趣味の勉強日記 2008年11月

2008-11

スポンサーサイト

-----------:--

Category :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て支援カウンセリングの理論と実際

2008-11-23-13:02

Category :カウンセリング

昨日、日本カウンセリング学会の大会の研修会に行きました。
14種類にも及ぶ研修がありましたが、今、産業分野と同じくらい興味を持っている子育て支援のカウンセリングを選びました。筑波大附属高校の普通の教室でそれぞれの研修が行われました。教室の雰囲気が私が行っていた高校に似ていて、懐かしい感じがしました。
講義は5時間にも及び、そのあと試験までありました。

産能通信のご出身の皆さん、どなたが講師だったと思います?
なんと冨田久枝先生ですよ!今は、産能の講師は登録だけで実際はやられていないようですが、お変わりなく、本当に素敵でした。
名古屋スクーリングで私が受講していたのも覚えていてくださいました。
子育て支援の現状、子育て支援事業、子育て支援と保育、保育とカウンセリング、子育て支援とカウンセリング、保育カウンセラーの役割など非常にわかりやすく楽しい講義をいただき、子育て支援に対応したSGEの体験もできました。
副題が「-現場でカウンセリングを活かすために-」であることもあって、さすがに受講生は、ほとんどが実際に現場でご活躍されている方々でした。私も関連のある仕事ではあるのですが、事例検討では、事例は何も持ってないのであまり発言できませんでした(まとめの発表はさせられましたが。)。でも、とてもたくさんの事例を聴くことができ、本当に参考になりました。幼稚園生である自分の子どもたちと重ね合わせていろいろ考えました。
特に、子育て支援の政策の矛盾のあたりは、本当にそうだなと思いました。このあたりは、産業分野の問題とかなり密接に関わってきます。私が研究するなら、このあたりかなと思いました。

先生は、今、鎌倉女子大学にいらっしゃるそうなのですが、その大学生や院生の方もお手伝いに来てくださっていました。とても優秀そうな方々でした。同大学は、教員の人材も非常に豊富だそうで、児童相談所長のご経験のある方も3人もいらっしゃるそうです。私も女性だったら、入りたいくらいです。
先生も筑波大の夜間大学院のカウンセリング専攻ご出身で、現役の学生の方も受講されていました。将来、筑波の院に行きたいという夢がいっそう高まりました。

先生の著作も非常に参考になります。カウンセリングの入門書にもなると思いました。
保育カウンセリングへの招待保育カウンセリングへの招待
(2007/09)
冨田 久枝杉原 一昭

商品詳細を見る


あと、こちらの方も、先生が関わっていらっしゃるとのことです。
子育て支援カウンセリング―幼稚園・保育所で行う保護者の心のサポート子育て支援カウンセリング―幼稚園・保育所で行う保護者の心のサポート
(2008/08)
石川 洋子

商品詳細を見る

スポンサーサイト

イオンレイクタウンへ行きました

2008-11-12-00:01

Category :その他

イオンレイクタウン、昨日も妻と子どもたちが行ったそうで、私も1度くらい行っておこうと思い、今日早く帰れたので、寄ってみました。最初、駅から2階にエスカレーターで上って、いくつかお店があって、道路を渡る通路を通り過ぎたので、「ああ、今のがkazeで、ここからがmoriなのか。」と思っていました。
でも、最初のお店があったところは、ただのゲート(門)だったみたいで、まだまだ延々とkazeが続きました。
結構高そうなレストランがたくさんあるところに迷い込みました。「こんなの越谷じゃない!」(ちなみに越谷市住民歴36年)と思いました。

さらに大きなmoriに入り、とにかく一番奥まで行きましたが、結局行ったのは、kazeではさくらや、moriではノジマだけです。
買ったのは、ファクシミリです。
家にファックスがなく、電話も相当古くなったので、前からファックス機能のある電話にしたかったんです。
一番安いのを買うつもりだったのですが、もうちょっと良いのにしてしまいました。すごく小さいのに、プリントしなくても中身が確認できたり、人感センサーが付いているスグレモノです。
フォーサイトの通信添削もこれで提出できますし(よく読んだら、どうにかするとネットでも提出できるようでした。まあ、せっかくなのでファックスで提出します。)、何かの研修会とかに申し込むのにも使えそうで嬉しいです。

イオンはとにかく大きかったです。一つの店と言うより、大きな街といった感じで、ビックリしました。でも、仕事の帰り道からはちょっとそれますし、私に関係ある店はそれほどなさそうなので、そんなに行くこともないように思います。それより、近くのユニクロや、沿線にあるミスドがレイクタウンに移転してしまったので、不便になったような気もします。

社労士成績通知書が来ました

2008-11-08-15:31

Category :法律

合格された方々、本当におめでとうございます。

今日、成績通知書が届きました。成績は、前に書いたとおりでした。もちろん不合格です。
昨年よりはだいぶよいので、もう少し頑張れば合格するかもしれないという気もしてきました。

択一の合格基準点48点、予想に反して非常に厳しいものでした。合格率が前年より3%以上低い7.5%ってどうして?っていう気がします。私は、択一健保が3点だったたので、ほとんど期待はしていなかったのですが、足切りが問題にならなくて45~47点くらいだった方々は、かなりのショックを受けられたことと思います。結果を受け容れるのには、ある程度長い時間が必要となるかもしれません・・・。
選択式は、「健保1点でOK」って、今回は必要な救済だったのは間違いないと思いますが、そもそも試験問題として成り立っていないようにも思います。健保以外については、厚年、国年だけが2点救済に選ばれたのもよくわかりません。

来年は、選択式が記述式になる可能性もあるということで、また違った対策が必要になるかもしれませんが、それでより公平で本当に実力のある人が合格するような試験になるのなら、よいことだと思います。最近、選択は結構得意なのかもしれないという気がしてきたので、本当は、変更されないほうが嬉しいんですが。

勉強が滞ってしまっていましたが、仕事の方も多少落ち着いてきたので、4回目の受験に向けて、また始めたいです。

ちなみに、合格発表の日だった昨日は、たまたま恒例の北千住会でした。本当においしい日本酒とおつまみで、いつものごとく飲み過ぎました(けっして「やけ酒」ではなく、おいしく楽しくいただきました。)。北千住にはすばらしいお店がたくさんあります。3次会までやって、電車に乗って、ちょっとのつもりで座ったら寝てしまいました。気づいてあわてて降りたら東武動物公園駅。もう上り電車もなく、タクシーはできる限り乗らない主義なので、社労士の1人反省会も兼ねて15キロ以上歩いて帰ってきました。

仕事とメンタルヘルス2008

2008-11-02-23:21

Category :心理学

「仕事とメンタルヘルス2008 シンポジウム」に行ってきました。
前日が終電だったので、お昼を食べた後の午後1時30分からはちょっと厳しかったです。まあ、だいたいは起きていました。
やはり職場のメンタルヘルスでは、うつ病が問題になることが多いようで、うつ病関連の講演がかなり多かったです。
「医師による面接指導」を受けた人(基本的には、月100時間超又は2~6か月平均で月80時間超の時間外・休日労働をしていて、申出をした労働者)は、「抑うつ状態」として医師へ紹介される割合が7割を超えているということでした。睡眠時間の短さがうつ病につながるというたしかなデータがあるとのことです。
なお、朝6時起床で、通常の勤務時間で仕事をしていて、夜9時の時点では自動車運転における「酒気帯び」と同じレベル、夜11時の時点では、なんと「酒酔い」運転と同じレベルにの作業効率となってしまっているとのことです。これは恐ろしいことだと思いましたし、いつも思っていることですが、あまり長時間やっても能率は全く上がらなく、逆にうつ病等のリスクを増大させるということになります。うつ状態となれば、作業効率は30%くらい落ち、ミスや事故も誘発するとのことですし、それと長時間労働と時間的切迫による作業効率の低下も考慮すれば、どんどん「悪循環」に陥ることになると思います。

それから、睡眠時間が6時間と8時間では、覚せい時の眠気にはそれほど差はないのですが、6時間だと作業効率は大分落ちるということです。4時間睡眠が続けば、もう作業効率は話にならないようなレベルのようです。
あと、これもよく言われることですが、朝早く(6時とか7時くらいに)起きて、光を浴びないと、25時間リズムとなっている体内時計がリセットされず、リズムがどんどん狂ってくるし、睡眠の質も落ちてしまうようです。
前から思っていたことですが、日本では、睡眠教育がほとんどされていない状況だということで、講師の方は、その重要性を指摘されていました。

このほか、うつ病の薬物療法や心理社会的アプローチ(認知行動的技法)についても、大変参考になりました。認知行動的技法は、予防に役に立つということを言われていました(予防なので、「療法」とは言わない。)。私も予防にもっとも役立つ技法のような気がしています。

また、フェアマネジメント教育とか、復職とか、いろいろな話題がありました。とても勉強になりました。資料もたくさんもらえてよかったです。

まとめると、「良い人間関係が大事」だということです。あと、私が持った感想としては、「睡眠」の重要性ですね。まずは、きちんと睡眠ができていれば、かなりのメンタルヘルス不全の事例は防げるのではないかと思いました。実際は、働いていると、平日に8時間睡眠なんていうのは、ほぼ無理ですが(ちなみに、今回のシンポジウムではないのですが、別の講演でのお話によれば、週50時間睡眠をとればOKということでした。1日平均約7時間ですが、短い日があっても、次の日とかに挽回すればよい(朝日の光を浴びるために、寝坊は避けるべきですが。)そうです。)。
この4月からの仕事、気をつけないと、わりとすぐに上記の「悪循環」になりそうなので、私も気をつけたいです。

七五三

2008-11-02-20:55

Category :子育て

昨日、近所の久伊豆神社に七五三に行ってきました。とてもよい天気で、気持ちよかったです。
七五三もそうですが、厄よけや家の解体の時や地鎮祭の時など、いつもお願いしています。緑が多くて、由緒ある立派な神社です。

夏にスタジオアリスで着物の写真は撮ったので、着物ではなく、洋服で連れていきました。
3歳の時は、撮影の時も、神社でもものすごい混雑でビックリしましたが、今回は、その経験を生かして、どちらもピークをはずし、そんなに混雑はしていなかったのでよかったです。

5歳の息子がメインですが、娘のほうも御祈願をしていただきました。2人とも、3回七五三をすることになります。
帰りは、神社にある広場で遊んでから、ファミレスでおいしいのを食べて帰りました。

NEW *TOP* OLD

プロフィール

toukoko

Author:toukoko
年齢 40代
性別 男性
埼玉県在住
資格 産業カウンセラー、認定心理士、行政書士(有資格者)

最近の記事

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。